「三脱(さんだつ)の教え」

2012年09月25日

「三脱(さんだつ)の教え」

書物に書いてあった三脱の教えについて。

 この「江戸しぐさ」の中に「三脱の教え」というものがあったそうです。「三」とは「年齢」「職業(肩書き)」「地位」のこと。

昔の日本には、初対面の人に相手のプライベートに関することを聞いてはならないというルールがあったそうです。

では、なぜそのような教えがあるのでしょうか?

 実はその3つのことに人がこだわりを持ってしまうと、先入観でその人を見てしまいがちになるからだそうです。

国際儀礼でも同様に、初対面の人にこの3つを聞くことは避けるようにとのこと。

私が若い時、海外出張のおり梅沢重雄理事長先生から、同様のことを伺ったことがあります。

なぜなら「互いに一人の人間同士として向き合い、その人自身を見る」ことが大切だからだと理解しました。

上月マリアさんの『どんな場でも、「困った人」にならない気配りの習慣』の内容はさらに以下のように書かれていました。

 日本人は江戸時代から国際儀礼と同じ精神とルールを身に付け、実践していたのですから、なんと誇らしいことでしょう。

色眼鏡で他の人を見るのは良くないことであり、また、自分一人の尺度で他の人を評価したりすると、ときに真実を見誤ることがあると注意を促すのは、やはり世界共通です。

 もしも初対面の人が、私の年齢や職業を尋ねてきたら、なんだか厚かましい印象を受けて、あまりいい気持ちはしないのではないでしょう。そして、「気配り」が欠けている、と思ってしまうかもしれません。

 表面的なことにとらわれずに、相手と会話を楽しむためには、自分自身が教養を身に付けることも大切だとも考えます。

話題は記憶から生まれるものなのですから。様々な分野のことを話題にできるようになれば、三脱の教えも自ずとできることでしょう。

以上の事から私も日々学習し教養を身につけなければと読書の秋に向けて準備を始めました。

日の丸行進

日本航空高等学校 篠原雅成

ダウンロード

 


日記に戻る
このページの先頭へ

 

日本航空学園 梅澤重雄(梅沢しげお)

梅沢慶臣学園長ブログ

梅沢忠弘学長ブログ

浅川正人学長ブログ

馬場欽也校長ブログ

小林学校長ブログ