卒業生の活躍「プロ野球」

2014年11月26日
プロ野球選手で
卒業生の八木智哉君が家族旅行で日曜日、
学園に立ち寄ってくれました。
日本ハム時代にはヒッチャーで
2006年ダルビッシュ有とともに先発の柱として
リーグ優勝(冠)日本一に貢献。
同年のパ・リーグ新人王に選出された。
新人王を受賞その後オリックスで活躍してました。

来年4月からは中日ドラゴンズで勝負をかけるそうです。
皆さん八木智哉選手を応援して下さい。

10481973_815103181869951_7202540035844256699_o

神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。

小学2年の時、地元横浜市の軟式野球チーム

「くぬぎ台レッドパンサーズ」で野球を始めた。

中学時代はヤングリーグ「横浜旭ベースボールクラブ」に所属し全国大会出場。

日本航空高等学校に進学し、

3年夏に第83回全国高等学校野球選手権大会に出場する。

初戦の鳴門工戦で11奪三振を記録して3回戦に進出した。

創価大学に進学後、1年時からベンチ入りし大学通算35勝。

4年時の2005年全日本大学野球選手権大会では49奪三振の大会新記録を樹立する。

同年11月2日

横浜市長杯争奪関東地区大学野球選手権大会白鴎大学戦で完全試合を達成

希望入団枠制度で日本ハムに入団(同年11月7日公示)する。

2006年3月31日、対オリックス1回戦に先発し、5回0/3無失点でプロ初勝利。

4月15日の対ソフトバンク4回戦では延長10回まで無安打無得点に抑えた

(0-0のまま降板したため、勝利投手にはなっていない。

その後、武田久マイケル中村と継投。この両投手も安打を許さず、

2リーグ制以後初となる継投でのノーヒットノーラン達成となった。

また、「史上初めて延長まで安打も得点も許さないまま途中降板する」

という珍記録も残ることとなった[1])。

才能が開花し始めたダルビッシュ有とともに先発の柱として

リーグ優勝と日本一に貢献。同年のパ・リーグ新人王に選出された。

ec0cafe001445518

皆で応援しています。

「恋するフォーチュンクッキー」 394,850 回 再生いたしました。

http://www.youtube.com/watch?v=6ltTI–lmPQ&feature=c4-overview&list=UU40Tnh0i4DsmKfVi5HYrovQ

 

校長 篠原雅成


教育に戻る
このページの先頭へ

 

日本航空学園 梅澤重雄(梅沢しげお)

梅沢慶臣学園長ブログ

梅沢忠弘学長ブログ

浅川正人学長ブログ

馬場欽也校長ブログ

小林学校長ブログ