忍耐力

2013年06月24日

日本航空学園の校訓の一説に

礼節を尊び忍耐努力の精神を体得すべし

という項目があります。

いまどきの若者に礼節とは何かと聞いた場合なんと答えるのだろうか。

忍耐努力とは具体的に何か、理解できるのだろうか。

本校では、教育の一環として基本訓練を実施する。

理事長の梅沢重雄先生が「自由と規律」の校風を決められてからも規律の徹底は、

基本訓練を中心に実施している。

日の丸行進

 

生徒達は多少気温が低いものの猛暑を思わせる暑さの中しっかり背筋を伸ばして、

話を聞き、行進までの流れや、集合場所への整列、観閲行進などの訓練を実施し、

しっかり歩いていました。

行進訓練

 

さすがに3年生は素晴らしい行進をしていました。

2年生も3年生に負けないくらい立派な行進でした。

1年生はさすがにはじめての経験でもあり緊張から腕がそろわない生徒もいましたが、

上出来でした。

今後の訓練に期待が持てます。

ただじっと立つだけの事が出来ない生徒が増えてきました。

集中力の欠如、忍耐力の不足でしょうか。

礼節の基本は簡単なことですが、

他人の話をじっと聞く、姿勢を正してじっと聞く、全身全霊でじっと聞く、

徐々にレベルの高い奥の深い動作に思えてきます。

社会に出てからきっと役立つと思います。

忍耐努力とは「辛抱」にも近いものがあります。

辛抱」とは「辛さを抱える」と読みます。

今の高校生には心と身体で辛抱を覚えてもらいたいと願います。

この行進訓練を通じて体得するものと確信している。

頑張れ高校生。

人気ブログランキングへ

日本航空高等学校 校長 篠原雅成


教育に戻る
このページの先頭へ

 

日本航空学園 梅澤重雄(梅沢しげお)

梅沢慶臣学園長ブログ

梅沢忠弘学長ブログ

浅川正人学長ブログ

馬場欽也校長ブログ

小林学校長ブログ